ほんむし

本の紹介、アニメ、漫画感想。イラスト描いたり、好きな作品の二次創作など書いたりしています。本の紹介のためにアマゾンの商品紹介を使用しています。

アルスラーン戦記 王都奪還・仮面兵団

f:id:yasusada:20181127075136j:plain

関係ないですが、オリジナル久々に書いたのでUPします。

 

アルスラーン戦記の第二期アニメが8話で終了していて、アルスラーン王子が王になるまでもう少し・・だったのに。悔し紛れに小説で読みました。

 

王都奪還

自分的一番の見所は、英雄王カイ・ホスローの眠る墓にある宝剣ルクナバードを手に

英雄王カイ・ホスローの加護を受け、アルスラーンが誓いを立てるシーンが良いですよアルスラーンのような人が国を治めていると、長く平和で安定した生活がおれるんだろうなと思います。

奴隷を解放し「解放王」ただ、奴隷を解放するだけでは意味が無いそれも踏まえた考えで進まれて、なんとご立派になられて第一話から読んでいるとアルスラーンの成長も眩いです。

 

暴君アンドラゴラスがどうも苦手だったんですが、ルシタニア国のイノケンティス7世

最弱の王が最強のパルス国王アンドラゴラスを道ずれに、一緒に天へ召させるシーン

ものすっごく意外性もあり、まさかそこが!と思わず叫んでしまうが、イノケンティス7世もとても孤独の王だったのだろうなと思います。

 

アンドラゴラスが、ヒルメスに語る出生の秘話

王族ならではの生々しさと、心地の良い感じはしません。

ヒルメスは血統に頼り、それを糧に生きていくしか道はなくなってしまうのが

今後ヒルメスがどうなるか知りたいですね。

 

そして少年は王となる!

待ちに待っておりましたアルスラーン王子やっと念願かなって、玉座の着きますが

前途多難ですね。

 

ヒルメスギスカールも敵としてみてても魅力的なキャラだと思う

どちらも、王都がアルスラーンの手に渡った時、これからどんな風に行きていくのかが見て見たいですね。

 

 

 

王都奪還・仮面兵団 ―アルスラーン戦記(7)(8) カッパ・ノベルス

王都奪還・仮面兵団 ―アルスラーン戦記(7)(8) カッパ・ノベルス

 

 

 

 

 

来年のカレンダーが特装版で付いていたので、荒川先生大好きっ子の自分としては

買わなければvv

美しいカラーの後ろに一コマ漫画がありまして、父の日が一番イイ。

アンドラゴラス王確かに、血縁ではないけど父か・・しかしあれは怖い。