ほんむし

本の紹介、アニメ、漫画感想。イラスト描いたり、好きな作品の二次創作など書いたりしています。本の紹介のためにアマゾンの商品紹介を使用しています。

大人でも楽しめる児童文学

お久しぶりです。引っ越しが何とか終わり、ネットが開通。長かったです。

f:id:yasusada:20170928171801j:plain

仕事も一年目になり、右も左も分かるようになって来ましたが自分の性格はなかなか

かわらず(苦笑

人目を気にして、人の顔色を伺い、びくびくしてしまうのもAC(アダルト・チャイルド)の特徴のひとつですね。

自己評価が低いのももちろんですが、批判に弱く、人の怒に敏感と・・まぁ生きにくい性格をしていると思っていますが、性格は後天的なものですので日々の生活習慣や口癖思考が性格を作っているので、それをゆっくーり口癖や思考を変えていけば少しずつですが変わっていくと思っています。

 

大人も楽しめる児童文学ですが、本当に児童文学って面白いんです。児童文学にはやり直し、これからできるようになればいいんだよとか希望や未来が沢山あるものが多く

正しい事を教えてくれる大人や、親以外のゆとりのある大人と出会えてたらもっと考え変わっていたのかなーと思わせる知識や知恵が沢山あります。

もちろん主人公たちが成長し困難を乗り越えていく姿は、いまでも「頑張ろうかな」と思える部分もあり「若さゆえの」事をあるあると振り返りながら、自分の中のインナーチャイルドを成長させていくという意味もあると思っております。

 

 

妖怪アパートの幽雅な日常 1 (講談社文庫)

妖怪アパートの幽雅な日常 1 (講談社文庫)

 

 るりこさんの料理がおいしそうで、アニメもやっておりますが小説も面白く

私は小説がお勧め!クリとシロの話は涙が止まりませんが、クリが今幸せを感じてシロがずっとそばに居る事を思うと、心が温まりますね。そうであって欲しいと願わずには居られない過去を持っている。(ネタバレになるのでこの辺で話はやめます)

 

 死ぬほど好きなので紹介したくて仕方の無いRDGです。

6巻だけハードカバーで購入したのですが、何度もよみボロボロになってきましたがそれでも読みたいと思う本。

泉美子ちゃんと深行君のその後が非常に気になり幾度か妄想にふけました。

宗田兄弟もいい味出していますし、真夏君の勉強嫌いには共感しましたね。

 

ナラタージュ (角川文庫)

ナラタージュ (角川文庫)

 

 映画化されるんですね!おめでとうございます。むちゃくちゃ懐かしくて映画館で見かけたときにそうなんだと思っていました。

島本理生先生の繊細な表現がとても好きで、読んだ本ですね。