読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本の蟲 1人でワンドロ1日1枚UP

本の紹介、アニメ、漫画感想。イラスト描いたり、好きな作品の二次創作など書いたりしています。本の紹介のためにアマゾンの商品紹介を使用しています。

終わった

 

思っていたより早く名刺が終わりましたので、報告を兼ねて。

コメントくださった方本当に、ありがとございます。

 

f:id:yasusada:20161017155316j:plain

 

 第二期始まりましたね。

大好きで、ずっと見ていたのでニヤニヤしっぱなしです。

 

 子供と一緒に、のぶエモンじゃないドラえもんを見ていました。

子供の頃見たな・・と、感動しました。

いつみてもドラえもんはええなぁ。

仕事でタブレットを、つかうので家でお絵かきできなくて困りますねぇ。

会社で申請出したんですが、ダメって言われたら買おう。

 

舟を編む (光文社文庫)

舟を編む (光文社文庫)

 
 始まりましたねぇ!!!!!!

嬉しくて、アニメ見てテンションがおかしくなりそうです!

うわーうわー。小説で読んですっごく感動して、アニメで見て再度惚れこみです!

 

仕事を始めて1ヶ月、家事と育児と仕事の両立がこんなに大変なんだと身をもって知りました。仕事場のワーキングマザーの先輩方は、テキパキとこなしアドヴァイスも的確で素敵過ぎて、涙が出ます。

いつも、愚痴聞いてもらって話し聞いてもらって、ありがたい存在です><

 

三島由紀夫の小説

「夜会服」の歳×セイちゃんのカプに見えて仕方ないという・・という、私個人の感想+萌語りです。

興味のある方は反転してください

 

夜会服・・まずセイちゃんが、乗馬倶楽部に入っています

そして見合いと知らずに、歳と出逢う。

その後正式にお見合い→婚約→結婚となるのですが、美形で、頭がよく

孤独で誰にも近寄らせない、青い棘を体に巻きつけていると。

そんななかでも、妻となるセイちゃんには、子供っぽい部分もいろいろとさらけ出し

夜は獣のような感じにセイちゃんを愛するとか。

セイちゃんにしか弱い部分は見せません

夜セイちゃんにだけ見せる獣のような愛しかたは、セイちゃんだけしか知らない姿

昼間の顔は冷たい完璧主義の歳で、夜愛妻のセイちゃんにだけ見せる姿が違うとか・・これも私の萌ポイントです。素敵だ。

婚約時代から、結構な勢いで手が早い所とか、自分の方についてくれないと拗ねる所とか・・これは、土方さん以外の何もにも見えなくて・・

書きたいよぉ・・・(泣

セイちゃんも弱いところは、歳には見せず素敵な若妻。

想像していると、これがまた可愛いんですよね。

 

結婚してから姑と夫の間に挟まれ、苦悩する妻の小説ですが、姑もなかなか策士ですが嫁もれ惚れするほど素敵。

 

夏子の冒険は

最愛の恋人を(結婚を約束した)熊に食べられてしまい、その熊を狩るまで誰ともつきあうつもりも無い沖田さんに、セイちゃんが一目ぼれして、コノ人についていくと

猪突猛進で、沖田さんにくっついて熊狩に向かうお話。

熊の事しか頭に無い沖田さんの心にセイちゃんがすこしずーつ侵食し

いつのまにか「セイちゃんが居なければ、熊は狩れない」とまで言わせる

セイちゃん。そして、その言葉に思う「この方うぬぼれているわ」と(笑

熊を狩るのがなかなか上手く行かないと、セイちゃんに手を出し始める沖田さん

一緒可愛い人が居れば、男性のサガというものでしょうが、それをさらりと交わすセイちゃんが素敵。

「熊を狩ってからでなければ、嫌」とするするっと、手の内から逃げていく

最後は、熊を狩り沖田さんは今まで一緒に居た(付いてきた)セイちゃんと結婚しようとセイちゃんにプロポーズをするも

「情熱も何も無いこの方に何の魅力も感じません」とセイちゃんは、沖田さんを

袖にして終わり。

夏子さんの身の振り方が、爽快でコミカルで、思わず笑ってしまうほど恋の賭け引きが面白い小説です。

 

おわり