ほんむし

本の紹介、アニメ、漫画感想。イラスト描いたり、好きな作品の二次創作など書いたりしています。本の紹介のためにアマゾンの商品紹介を使用しています。

人生論ノート① 幸福について

www.nhk.or.jp

赤毛のアンから見ておりまして

人生論ノートに入りました。

最初からものすっごい難しい言葉で、現代の問題を切り込んでいるような錯覚を起こす内容から始まり、番組を2回くらい見直してもまだ完全に理解できないくらい深い内容でした。

 

第1回は幸福について

 

幸福って、「ハッピー」という高揚した気分の事を指しているんだと思っていましたが幸福は気分ではなく、知性で考えるもの。

幸福について、幸せになりたいと思うけど「幸福って何?」と問われた時、口ずさんでしまう。

どこに居ても、「幸福について語る事も、考える事も」なんとなくしないし

自分が幸福であるか言うと、難しいです。

この作者が80年前にこの本を書いているのに、現代にも当てはまる

そいうえば、困っている事をそのまま切り込んでくる

そして、感情ではなく知性で考えるもの得るものと、諭される。

 

SNSに記事を投稿しても、行き過ぎれば叩かれるそれは「平均的な幸せ」を維持していなければ、なんとなく生きづらい

けど、幸せのあり方は「個々により違い、決して同じではないオリジナルなもの」である。

昔TVのCMで理想の家族像を、見ると「こういうのが幸せなんだ」と作られた平均的な幸せの押し付けのように感じた。自分はその作られた家庭が、誰かの犠牲の上に成り立っているように見え不気味だった。

 

多様な考えを排除するというのは、現代においても起こりえている

個々の個性を考えを、足並みそろえて「このあたりがいい」というところに世間の目にあわせていかなければ、生きづらいだけどそれが「幸福」と云う事とは遠ざかる

 

「幸せになりたい」「幸せです」そう語る事も阻まれる、子育てにしろ仕事場にしろ

なんとなく「自分はすっごく恵まれて」という話をしずらい

気づけば不幸自慢を、口にして「皆さんと同じですよ」幸せじゃないです

そう口癖のように、話してその場で目立たない努力をするけど

自分が幸せになる為にそうしている訳ではない。

 

誰かから、強制されるものでもなく、誰からも非難されるわけでもなく

自分の幸せを見つける。

 

自分が幸福である事が、愛する人のためになる。

一言一言、かみ締めていくと自分が幸福である事が大切なんだと実感する内容でした。

三木 清『人生論ノート』 2018年11月 (100分 de 名著)

三木 清『人生論ノート』 2018年11月 (100分 de 名著)

 

 

 

人生論ノート (新潮文庫)

人生論ノート (新潮文庫)

 

 

アルスラーン戦記 王都奪還・仮面兵団

f:id:yasusada:20181127075136j:plain

関係ないですが、オリジナル久々に書いたのでUPします。

 

アルスラーン戦記の第二期アニメが8話で終了していて、アルスラーン王子が王になるまでもう少し・・だったのに。悔し紛れに小説で読みました。

 

王都奪還

自分的一番の見所は、英雄王カイ・ホスローの眠る墓にある宝剣ルクナバードを手に

英雄王カイ・ホスローの加護を受け、アルスラーンが誓いを立てるシーンが良いですよアルスラーンのような人が国を治めていると、長く平和で安定した生活がおれるんだろうなと思います。

奴隷を解放し「解放王」ただ、奴隷を解放するだけでは意味が無いそれも踏まえた考えで進まれて、なんとご立派になられて第一話から読んでいるとアルスラーンの成長も眩いです。

 

暴君アンドラゴラスがどうも苦手だったんですが、ルシタニア国のイノケンティス7世

最弱の王が最強のパルス国王アンドラゴラスを道ずれに、一緒に天へ召させるシーン

ものすっごく意外性もあり、まさかそこが!と思わず叫んでしまうが、イノケンティス7世もとても孤独の王だったのだろうなと思います。

 

アンドラゴラスが、ヒルメスに語る出生の秘話

王族ならではの生々しさと、心地の良い感じはしません。

ヒルメスは血統に頼り、それを糧に生きていくしか道はなくなってしまうのが

今後ヒルメスがどうなるか知りたいですね。

 

そして少年は王となる!

待ちに待っておりましたアルスラーン王子やっと念願かなって、玉座の着きますが

前途多難ですね。

 

ヒルメスギスカールも敵としてみてても魅力的なキャラだと思う

どちらも、王都がアルスラーンの手に渡った時、これからどんな風に行きていくのかが見て見たいですね。

 

 

 

王都奪還・仮面兵団 ―アルスラーン戦記(7)(8) カッパ・ノベルス

王都奪還・仮面兵団 ―アルスラーン戦記(7)(8) カッパ・ノベルス

 

 

 

 

 

来年のカレンダーが特装版で付いていたので、荒川先生大好きっ子の自分としては

買わなければvv

美しいカラーの後ろに一コマ漫画がありまして、父の日が一番イイ。

アンドラゴラス王確かに、血縁ではないけど父か・・しかしあれは怖い。

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ないシリーズ

青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ないを読みました。

 

 バーニーガール先輩のかいで、自分のハートを射抜いた彼女はNSNでけしからん事をしておりました。

 

以下ネタバレアリ。

 

 

 

 

もう一人の自分が訴えるもの

 

表紙の試験管がちゃんと内容で活躍していると思うと、表紙にも内容のネタバレが含まれているんだと思いました。

 

牧之原さん二人居る、もう一人の自分を見ると死ぬって、都市伝説的だと思っていたんですがそこを守ってるんだなと思う。

 

牧之原さんが仮にもう一人と会ったときどんな感想を言うのかそんな妄想を楽しんでおりました。

自分の気持ちを知らないと思っている相手が、実は知っていてそれであえてそのままで居てくれている。かっこよすぎだよね。

 

友達が彼女がいても自分を大切にしてくれるそれが、心地よいし自分の価値を再認識できる、友達だと分かれることが無いからずっと一緒に入れるというのはアリなんだろうな。

 

そして彼女と別れたときに優しく近寄って自分が彼女にとなれるようなタイプの女性じゃないから、また誰かとつきあっているのを側で見つめてるという奥手なタイプ

そうやって、想像するとますます牧之原さんカワエエナ。不器用すぎて。

 

SNSへの写真投稿とか、ネカフェで寝泊りとか、身近でありそうな感じだった

自分を見て欲しいという気持ちがエスカレートして止まらなくなる

その裏にはとてもない寂しさと自身の存在理由を欲している。

 

表面的には分からない牧之原さんの魅力や心の闇そして、咲太君一歩間違えばセクハ・・ゲフンゲフン。

妹と一緒に寝てる時点で、おいおいって思えていましたが、ギャルゲーに出てくる年齢は皆20歳というびっくり設定な、見た目が10代の子達と同じファンタジーな世界観かと思っていましたが

この後の青春ブタ野郎はおるすばん妹の夢を見ないを見ると

咲太君年齢偽ってないという疑惑が(笑

 

 

高校生がやれる精神状態やいろいろを超越しているよねと、思ってしまった。

その話はまた書きます。

 

青春ブタ野郎シリーズはアニメもとてもいい出来ですね!

OPアニメーションとかバニーガール先輩の動きが滑らかで、とってもイイ

ao-buta.com

 

 

 

 

 

アルスラーン戦記

 

アルスラーン戦記ドハマリ中・・です。

アニメから入りましたが、もう全キャラカッコいいvv

アルスラーンダリューンナルサスのトリオがもうたまりません。

他のエラムも去ることながら、ファランギースギーヴの掛け合いも好き。

小説の方もアルスラーンが、王になり解放王とよばれその後の章・・

アニメは第二期までみて、第二期は8話で終わってしまって(泣

すっごくすっごく、アニメで出来がめちゃくちゃ良くて、続いて欲しかった・・orz

 

銀河英雄伝も全キャラカッコいいんですよね。

ヤンが一番かな。

 

 

藤崎竜さんがもともと好きでしたので、読み始めましたがこちらもこちらで美味しくいただけます。まだ小説の方が読めていないので、アルスラーン戦記を読破したら行きたいです。

 

 

f:id:yasusada:20181123205243j:plain

まぁ。アニメから入ってシロとからしちゃん、なすびちゃんの三つ巴なんですが

鬼灯様は別(笑

内容も面白くて、古事記の話とかも出てくるので、いいですよね。

 

ゴブリンスレイヤー等本紹介

 

 アニメを見て衝撃を受け、小説に切り替えました。

書き方なんでしょうが、ゴブリンがあんなに強いとは思わなかったですし冒険者が襲われたり死んだりと、そういうSFは読んでいなかった。

ファンタジーはそこまででしたので、ビビリマました。

 

 

 

 アニメから入りましたが、頭脳戦ですね。綾小路くんの能力が計り知れないです。

協調性はなさそうなのはもともとの仕様なんでしょうかね。

しかし、先を読む力や人を動かす所、自分は影に徹するところとか徹底していて面白いですね。アニメでは無人島合宿で終わりでしたのでその先が読みたい!と小説を購入続きが気になる一冊です。

 

 

 後編を映画館で見に行きたいと意気込んでおります。

だいぶ良い大人になってから知って、すごくトキメキマシタ。

ヒロイン紅緒もですが、環も素敵な女性憧れる図です。

学生時代よりは、社会人になってからの紅緒の活躍がとてもかっこよくて自立していて自分の意思や気持ちを大切に、歩いていく姿がとれも元気をもらえます。

元気がもらえる、明日またがんばろうそう思わせてくれる少女マンガに出合えて嬉しいです。

 

かくりよの宿飯 九 あやかしお宿のお弁当をあなたに。 (富士見L文庫)

かくりよの宿飯 九 あやかしお宿のお弁当をあなたに。 (富士見L文庫)

 

 本屋を3軒回ったのに、すべて売り切れ発売日当日に売り切れって・・・orz

流石に近くの本屋を制覇したわけではないですが、アマに頼みました。

早く読みたいです!大旦那様の秘密をしりたいよ。

 

 本屋好き、本好きなので本屋で働いた事はありませんが楽しいです。

バックヤードが知れたり、本好きな人たちの集まり!って感じがとても

本田さんのガイコツが正確に書かれていてより、素敵に感じますね。

斜め後ろから見たときにあごの骨が見えるところが、ベストかな~。

書店員は大変なんだと思うのと同時に、やりがいのある仕事なんだなと感じました。

 

 

風が強く吹いている (新潮文庫)

風が強く吹いている (新潮文庫)

 

 

 青春小説って匂いがすごくしてきて、走る事に対して情熱を持つ感じが伝わってきますまだ途中なんですが、早く読みきりたいけど読みきってしまうともったいなくて、ちびちび読んでしまう。もったいない病が出てきてしまうくらい好きな作家さんです。

愛なき世界

愛なき世界

 

 

 まさかの植物が好敵手・・頑張れと応援したくなるんですが、料理の世界も厳しい世界だと思います。

自分の好きな事や熱中している事を理解し、傍に居て決して貶すことなくそこにいてくれるなんてなんて良いんでしょうか。

つきあわなくても、好意を持ってくれているそれを確信しているわけではないんだろうけどすごく良いなと思ってしまう。

 

本がやっぱり大好きですね。

電子書籍よりは紙の本がとってもとっても好きなんです。

新刊のにおいとか、古本のにおいとか、出版社によっても違うんですよね。

触った紙の質感も、デザインも形もすべて愛おしく感じます。

電子書籍も便利で、使いますが自分は紙の本がいい。

 

ハードカバーを持ち歩いて、万年肩こりとかホンマアホやなと感じたり

文庫が見つからないから、何件もはしごしたり

とりあえず本屋があれば入ってしまうし

活字があればついつい読んでしまうそんな習性ですが(笑

言葉の力はすごいそう感じて、仕方のないです。

 

 

うつ病をもっていますって、言えない。

障害について、考えるきっかけがあり自分も障害を持って生きています。

ご近所さんに、「私うつ病を持っていて、気持ちが不安定になってしまうので、うまく付き合いができなくて、けど上手くやっていきたいんです」

 

なんて、間違ってもいえません。

 

健常者の方がやっているルールに、常識に沿って生きていかなければいけない

努力しても、何とかしようとしても気持ちの浮き沈みは来るし、不安も緊張も被害妄想も色々と出てきます。

 

自分らしく、自分を恥じるなと言い聞かせ、外に出てもママさんのコミニュティに入れない自分は、挨拶もなんとかの状態。

 

子供が小学生になると地域のコミニュティが大切だと、肌で感じたり「私一人で平気ですから」と強く言えるわけでもなく、自分らしく入っていこうとするとすごい壁が立ちはだかっていて、普通じゃない自分と普通を一生懸命装う自分が「自分らしい」とはとても思えなかった。

 

障害を持ってという言葉があれなのかもしれませんが、人に頼るのが特に苦手で幼少期近親者に頼れなかった、守ってもらえなかった、相談しても相談に乗ってもらえなかったという過去を持ち、大人になり「頼って良いですか?」と行ける訳が無い。

 

障害を持っていると、どうしても家族に負担を掛けます、家族に依存をしていなければ生活できないし、相談も家族のみと本当に狭くそして負担が増し、家族も段々と疲れて仕事と生活そしてと重荷は積み重なっているのだろうと。

 

自立する事は、依存先を増やすこと (熊谷晋一郎さんの言葉引用)

 

障害を持っていて、人とのコミニュケーションが出来ず孤立し、いつもいつもただ仲の良い人たちを、羨ましいと思っていただけでした。

けど、上記の言葉を読むとかるいジョブをくらったきになったのです。

 

熊谷晋一郎さんの記事を読んで思いました。

書籍は読めていないのですが、これから読み進めたいです。

 

 

リハビリの夜 (シリーズ ケアをひらく)

リハビリの夜 (シリーズ ケアをひらく)

 
ひとりで苦しまないための「痛みの哲学」

ひとりで苦しまないための「痛みの哲学」

 

 自分なんか、入れてもらえないと自分から遠ざかってしまう事も多く

挨拶をして顔を合わせる事から、話すきっかけが生まれる

 

それは、自分にとって怖いけど、勇気を出して朝出てみたいと思います。

障害を持っていても、社会に貢献したいし社会と繋がって、人とも繋がっていたい

 

こんな自分だけどと下を向いて、周りをみず足りないところを数えるなら

あるところを生かして、前を向いて輪に入る為に勇気を持って歩みたい。

 

そう思えるきっかけになった、言葉でした。

 

最後まお付き合いありがとうございました。